日本の年金はこんなに不安!不安になる3つの理由とただ1つの回避策

 

  • このまま年をとったときにちゃんと年金をもらえるだろうか?
  • 下流老人老人貧乏にならないだろうか?
  • お金もなく、家族もおらず、友達もおらず死んでいくのだろうか?

・・・

 

考えれば考えるほど、日本で生きていく中で老後って不安になりますよね。でも、それはそうなのです。人間は将来のことを考えると「不安になる生き物」だからです。

 

なので、その不安を解消するには、今、目の前のことに集中することが大事なのですが、集中しつつ、将来の不安を解消しよう!ってのがこのサイトのコンセプトでもあります。

 

というのも、本サイトはトルコリラについてまとめているサイトでして、年金のサイトではないのですが、トルコリラ円のスワップ収入で月20万とか30万とか毎月自動収入を発生させるところが年金っぽいなーと思っています。国の年金に頼るだけじゃなくて、自分の力で毎月の自動収入を作り出すことが、今も楽しいですし、将来の不安も具体的に消し去ることができる唯一の方法だとも思っています。

 

 

不安になる3つの理由

まずはよく年金不安、老後不安で取り上げられる要素をちゃんと整理しておきますね。

理由①受給年齢の引き上げ

現在、年金の受給開始年齢は65歳へ段階的に引き上げられており、それに伴って、60歳で定年を迎えても65歳までは現役で頑張るといった方が増えたようにも思います。

 

個人的にはこれはいいことだなーと思っており、将来的に68歳に引き上げられ、さらに70歳になる可能性もありますが、それはそれで

  • その年齢まで働こうとする=働いている方が人間は若く保てる
  • その年齢まで健康を保とうとする

というポジティブな面の方が大きいのではないかと日本国全体で考えると思う訳です。

 

それはこのページの主題ではないので置いておいて、結局のところ受給開始はかなり後になるので、それまではなんとかしないといけないということです。

 

理由②受給額の減少

次に年金受給額の減少も言われています。言わずもがな、少子高齢化社会の日本では、若い層が高齢者を支える構図は無理な訳で、受給金額が下がっても不思議ではないですし、そう思っておく方がいいです。あまり考えてもしょうがないですし、上がる訳はないですしね。

 

理由③そもそも日本が心配

今の日本って少し何か不祥事があると、皆で寄ってたかって攻撃するところがあったり、妙に皆がリスクを取らずに、安全な道ばかりを模索し、リスクを取ったものには「何かあったらどうするのか?」と攻撃する社会だと思います。

 

そのような土壌の中で新しいイノベーションが沢山湧き出てくる訳もなく、この国は衰退の一途とたどるのでは?と思う反面、国民の民度の高さがいい方向になれば、また明るい社会になるのでは?とも思う今日この頃です。私自身は少しでも日本社会に貢献できるように微力ながら日々奮闘しております(汗)。

 

それはさておき、次のグラフを見ても暗くなるように、日本国自体の先行きの明るさがまったくないことが、将来の不安を助長させていますね。

 

年金不安を解消する、ただ1つの回避策

「不安」って何から起こるか知っているか?が大事です。それはあるか分からない将来を夢想することから生まれます

 

今現在に集中して生きていると不安は起こりません。

 

将来を思って、どうしようもないことを空想するから不安になるんです。

 

これは人間の能が発達してきて、情報もいろいろと入る世の中になった今、防ぎようもないところがありますが、私たちがやることはただ1つです。それは

 

今を一生懸命生きる

 

ということだけです。

 

ただ、一生懸命をみなさん誤解していると思います。一生懸命何をするのかというと

 

  • 常に健康でエネルギッシュでいることに努める。そのための知識を付ける。
  • 仕事で成果を出す。そのための能力・知識を身に付ける。
  • 家族、友人といい関係を築く。そのためにコミュニケーション力を向上させる。

 

ということです。

 

この3つを実現することで、不安は解消されていきます

 

自分の能力を向上させることって忙しくて、それに集中していると、正直、必然的に将来を不安がっている暇はありません。

 

そうやって人間力を高めていき、お給料の金額も増やし、そこから自ら考えて投資することで将来的な金銭の不安も減らす状態を作り出すのです。

 

その1つがトルコリラ円への投資で、それは全力投球も結構ありぐらいのポテンシャルがあると私は思っています。

 

 

 

日記

Posted by shinaka